北欧・フィンランドが生んだ、プレミアムタイヤメーカー・ノキアンタイヤ

安全性能、快適性、そして燃費を追求 NOKIAN TYRES

Nokian Tyreとは

北欧フィンランドで生まれた、
世界最北のタイヤメーカー

ノキアンタイヤは、メーカー本社とテストコースを、世界最北の地に構える、タイヤメーカーで、生産拠点はフィンランドとロシアとなる、正真正銘のヨーロッパブランドです。
1934年に世界初のウィンタータイヤを発明し、現在では北欧・ロシアでトップクラスのシェアとブランドポジショニングを獲得しております。
特にウィンタータイヤの評価が高く、メルセデスベンツ、BMW、ジャガーランドローバー、ポルシェ、ボルボ、テスラ、等のプレミアムカーメーカーに、メーカー純正ウィンタータイヤとして推奨されています。

サマータイヤ
 HAKKA(ハッカ)
シリーズ

徹底的にこだわった「安全性」

ノキアンタイヤが最も大切にしている性能は、「安全性」安心・安全なドライビングを実現するために、様々な特徴・技術が採用されています。

安全性へのこだわり

①ウェット性能

サマータイヤテスト動画

雨の日でも安心の、優れたウェット性能

全サイズラインアップ中、8割以上のサイズがEUラベリングのウェット性能最高評価Aを獲得。雨の日でも、安全なドライビングをお楽しみいただけます。
EUラベリングについてはこちら

②タイヤ点検を簡単にし、
継続的に安全なドライビングを実現

タイヤを安全に使用する上で、残溝と空気圧の定期的なチェックは欠かせません。
ノキアンタイヤは、点検を簡単にすることで、より手軽に安全なドライブを楽しんで頂ける様、工夫をしています。

残溝インジケーター動画

残溝インジケーター

タイヤの溝が少なくなると、ウェットブレーキ時の制動距離が長くなってしまう他、耐アクアプレーニング性能が大幅に落ち大変危険で最悪事故につながってしまう恐れがあります。
残溝の状態を簡単にチェックできる様、ノキアンタイヤはすべての商品に、残溝が即座にわかるインジケーターを設置しています。それぞれの数字は残っている残溝料(㎜)を意味し、8㎜以下になると8が消え、6㎜以下になると6が消えます。新品時から50%摩耗=4㎜がなくなると同時に、水滴のマークが消えてウェット性能の低下をお知らせしますので、タイヤの替え時が一目で分かります。

③タイヤ点検を簡単に

インフォメーションフィールド動画

インフォメーションフィールド

適正な空気圧を入れることで、初めて安全にタイヤを使用することができます。
空気圧チェックは、最低でも月に一度は行うべきものですが、ご自身の車の適正空気圧を覚えていない、という方もいらっしゃるかと思います。
ノキアンタイヤは、タイヤの側面部(サイドウォール)に、適正空気圧をメモしておける「インフォメーションフィールド」を設置し、空気圧点検を簡単にします。
タイヤ装着位置も記録できるので、ローテーションの際にも便利。
サマータイヤは、ホイールの締め付けトルクの記録欄もあり、「継続的に」「安全に」タイヤを使用することができます。

④アラミドサイドウォール

SUV用タイヤには、サイドウォールと呼ばれる、タイヤの側面部のゴム内に、防弾チョッキや飛行機の機体に使われるアラミド繊維を練り込む、アラミドサイドウォール・テクノロジーを採用。
構造上、タイヤの中でも特に外部からの衝撃に弱く、縁石やキャッツアイ等との接触によりパンクが起きやすいサイドウォールの耐衝撃性能を大幅に向上し、タイヤを守ります。

北欧で支持される、
「静か」で「快適」なドライビング

フィンランドの高速道路の法定速度は最速でも120㎞/hまで。

ノキアンのサマータイヤは、ドイツアウトバーン等で必要とされる様な超高速性能を重視するのではなく、フィンランドなどの北欧の道路交通事情に合わせ、安全性にプラスし「快適性」「静粛性」に重きを置いた作りとなっています。特にBlue2とGreen2では、全てのサイズにおいて、EUの騒音レベルで1番低い、「1」を獲得。静かで快適なドライビングをお楽しみ頂けます。

低燃費性能を高め、
環境にもお財布にも優しいタイヤに

環境保全に対しての意識の高い北欧・フィンランド。

フィンランドに本社を持つノキアンタイヤもまた、地球の環境に優しいタイヤ作りのために努力を惜しみません。
サマータイヤのラインアップの内ほぼすべてにおいて、日本の低燃費ラベリングの「A」に相当する低燃費性能を実現。そのうちの4割は「AA」相当、4サイズは最高評価の「AAA」相当の低転がり性能となっております。
EUラベリングについてはこちら