カーパーツ、ホイール用ロックシステム・McGard(マックガード)大切なホイールの盗難防止に効果の高い自動車用セキュリティーパーツ

輸入車・国産車、自動車用ホイール・ロックナット システム、マックガード(McGard)
 
McGardについて
マックガード・ホイールロックは、
盗難されにくい特殊形状を持ち、頑丈な材料によって耐破壊性を実現しています。
さらに、3層ニッケルメッキ+クロームメッキ処理によってすぐれた防錆性能を発揮します。
ホイールの形状や構造に関わりなく容易にホイール盗難を防止できることから、
その高い信頼性によって多くの自動車メーカーに純正採用されています。

マックガード(McGard)自動車用ホイール、盗難防止ナット

自動車 メーカーも認めたマックガードのセキュリティ・ホイールロックナット

1964年にニューヨーク州オーチャードパークに設立されたマックガード社は、高品質ロックメーカーとして知られています。MQS(マックガード・クオリティ・システム)と呼ばれるプログラムにより、1993年にはフォード社から優れた部品メーカーにしか与えられない「トータル・クオリティ・エクセレンス賞」を受けています。マックガード社は従来の米国規格QS9000に代わる世界統一品質マネジメントシステムISO/TS16949をいち早く取得しています。
ホイールの盗難防止に。
 
自動車用ホイール・ナットの経年変化

マックガード・ホイールロックナット

マックガード製品の優れた防錆性を実証するため、CASSテストと呼ばれる酢酸と塩水を混ぜたスプレーにさらす実験を行ないました。高温高湿のテストルームで絶え間なく酢酸と塩水をスプレーされ、22時間のテストが雨の多いデトロイト1年間に匹敵します。この写真でお分かりのように、マックガード製品は他社に較べて錆の発生がきわめて少なく、シビアな気象条件のもとでも新品時の美しさを保っています。マックガード独自の3層ニッケル+単層クロームメッキの防錆性の高さをお確かめください。
 

マックガードのホイールナットは、抜群の耐破壊性を実現。

マックガード・ホイール、ロックナット(高精度リングガイド)
ナット、ボルト頂部のキーパターンに合致させるキー部分は、十分な肉厚と精度の高い仕上げが施されています。キーをナット、ボルト頂部に合わせて回すだけの簡単操作。キー部分やナット、ボルト頂部を傷める無駄な遊びがありません。
自動車用ナットの断面図
マックガード・ホイール、ロックナット(耐破壊性にすぐれる超硬質スチール材)
マックガード製品に使われる鋼鉄は、アメリカ製の超硬質タイプ。厳重な品質管理のもとに焼き入れが施され、分子構造、密度が内部まで均一に保たれています。ハンマーなどによる暴力的な衝撃からキー部分の破壊、変形を防ぎます。
自動車(輸入車・国産車)メーカー純正のレンチサイズ
8通りにもおよぶ自動車メーカー純正レンチサイズに合ったロックを用意しているのはマックガードだけ。
ホイールナットのクロームメッキによる硬質表面処理が施されたキー部分
マックガードの生命ともいうべきキー部分は5年分の大気露出に匹敵する塩水噴霧テストに合格しています。マックガードのすぐれた防錆力の秘密は、3層に塗られたニッケル・コーティングと超微粒子クロームメッキにあるのです。
マックガード・OEナット、ボルトを30%上回る精密仕上げ
ホイールのブッシュ部分に直接触れるナットのテーパー、球面部分は、純正ナット、ボルト類に比較して30%以上の工作精度で仕上げられています。これによって、ホイールのセンター出しに不可欠な均一な締め込みが可能になりました。
ナット・ボルト、精緻なネジ加工。強度も最高レベル
きわめて精微に機械加工されたネジピッチ部は、業界最高レベルの強度を誇ります。自動車メーカーから求められる荷重値135,000PSIから160,000PSIの基準値を大きく上回っています。

マックガード(MCGARD)のホイールロックナット システムはコンピューター作図。花柄キーパターン

マックガード・ホイールガード・システムの原理はとてもシンプル。写真右側のナット頂部に彫り込まれた花柄パターンに、左側のキー凸部を合わせてレンチで回すだけの簡単構造です。しかし、コンピュータで作図される花柄パターンは無限ともいっていいバリエーションをもち、専用キー以外で緩めることは不可能。しかも、ナット頂部の彫り込みは幅が狭いうえに形状が複雑なため、他のツールの侵入を許しません。マックガード独自のシステムです。 ホイールナットのキー部分/ナット部分 ナット、ボルトの頂部に刻まれた花柄パターンに、キーのパターン凸部分を合わせます。一見単純に見える六角形の花柄パターンですが、ナット部分に刻まれた凹部分と100%合致しない限り、ナット部分を緩めることは困難です。しかも、ナット、ボルト頂部の彫り込みは幅が狭い上、形状が複雑なため、他のツールの侵入を許しません。また、コンピュータで作図されるキーパターンは無限に近いバリエーションを持ち、専用キー以外で緩めることは困難です。
 
マックガード(MCGARD)のサイズの読み方と注意点 車両によっては前後のスタッドボルトの長さが異なることがありますのでご確認下さい。
カーパーツのセイキュリティ・ホイールナットの寸法図
 
マックガード(MCGARD)・ホイールロックを使用する前に内容をお読み下さい。
1) マックガード・ロックボルト(ナット)が、お客様の車とホイールと一致するかご確認の上、装着して下さい。
(ネジ山の間隔、ネジ長、形状、シート部分の形状等)
2) 2)マックガード・ロックボルト(ナット)が、現在使用のものと一致している事が確認できましたら、1輪につきひとつのボルト(ナット)をマックガードのホイールロックボルト(ナット)と交換します。最初はネジ山の合わせが狂わないよう、手によって装着し、その後ロックキーをはめて、トルクレンチまたは通常のレンチで増し締めします。締めつけトルクは車種マニュアルの規定トルクに従って下さい。さらに50kmほど走行後、再度増し締めを行ないます。
注意 エア・インパクト・レンチは使用しないで下さい。エア・インパクト・レンチによる締めつけ過ぎにより、外すことが困難になったり、ロックやキーに損傷を与える可能性があります。また、場合によってはホイールやハブボルトの損傷が生じる可能性もあります。
3) ロックキーの紛失には十分ご注意下さい。ロックキーがなければホイールは車から外すことができません。ロックキーが2つある「2キーセット」をお求めの場合は、ひとつは車載のラグレンチと一緒の保管をお薦めします。もうひとつはダッシュボードなど、緊急時に備えて大切に保管することをお薦めします。
4) 万一の紛失に備え、添付のカードに記載の15桁の数字を「新車整備手帳」や「ハンドマニュアル」にメモしておいて下さい。
この15桁の数字はお客様の個別番号です。紛失した場合にはこの番号が必要になりますので、しっかり管理することが必要です。
万一鍵(キー)を紛失したときは、マックガード・ロックコントロールセンターに15桁のキー番号と氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。この個別のキー番号に従って鍵(キー)を取り急ぎ発送致します(有償)。
このように、メーカーのお客様へのバックアップは万全ですが、何よりも大事なことはマックガード・ホイールロックはお客様の貴重なタイヤ&ホイールを盗難から守ることなのです。ロック(=鍵)であることを認識し、スペアキーを紛失しないよう大切に保管されますようお願いいたします。
 
▲このページのTOPへ
 
 
TOP PAGEMcGardについてロックナットロックボルトインストレーションキットスペアキーについて
スプラインドライブ[ラグナット][インストレーションキットナンバープレートロックナビゲーションロックバッテリーロック
カーパーツ・カーグッズ、セキュリティのマックガード(McGard)
ホイール&タイヤの最新情報をお届け。阿部商会・スタッフブログ
阿部商会・スタッフブログ
ホイール関連情報ブログ

自動車 パーツ&アクセサリー・阿部商会
ホイール用セキュリティーパーツのマックガード(McGard)に関する記載事項、
写真等すべての情報の版権は株式会社阿部商会に帰属します。無断転用を禁止します。
Copyright (c) 阿部商会 ABE SHOKAI LTD. All Rights Reserved.
カーパーツ、ホイール・セキュリティ ロックナット・システム、マックガード(McGard)をとじる