GTラジアル最新ニュース

空気圧の話

Apa kabar?10月も最終週になり朝晩冷えるようになってきましたが、皆様お元気でしょうか?

 

秋になり気温が下がり愛車のハンドリングが重いなぁ…と感じたのでタイヤの空気圧を計ってみました。トランクには常にエアゲージとフットポンプを積んでいます。

フロント 250 kPa・リア 220 kPaが規定値なのですが、フロント 200 kPa・リア 190 kPaしか空気圧が入っていませんでした。タイヤ担当者として何たる失態!!!

空気圧を適正にした後はキビキビと走るようになりました。要・反省です。

 

暖かく空気が膨張する夏が終わり、冷えて空気が収縮する秋冬になると空気圧も下がるので、やはり定期的な空気圧チェックが欠かせませんね。

走行するとタイヤが温まり空気圧も高くなるので、走行前のタイヤが冷えた状態でチェックするのがベストですね。

 

話は変わりますが、今週末はアメリカのテキサス州ダラスでFormula DRIFT USAのラウンド5・6が開催されます。

CHAMPIRO SX2 RSを使用する、田口和也選手を含む3選手がポイントをどう上げていくのか要チェックです!

レース前後でタイヤの空気圧がどの程度変わるのか気になりますね。

それでは、また。Sampai jumpa lagi!