GTラジアル最新ニュース

タイヤのよもやま話

Apa kabar?早いもので11月になり、2020年も残すところ2ヶ月ですね。

 

タイヤの原料となる天然ゴムはパラゴムノキの樹液(ラテックス)からできています。パラゴムノキの原産地はブラジルのアマゾン川流域ですが、現地での栽培は難しいらしく、主に東南アジアのプランテーションで栽培されています。樹木を枯らすことなく幹からラテックスを採取するのは、高度な技術が必要なようです。

 

天然ゴムの世界の生産量の26%がインドネシアで、世界2位を誇ります。自動車用タイヤシェア世界11位のタイヤメーカー・GTラジアルの工場があるのも納得ですね。

先週末はアメリカ・テキサス州でFormula DRIFT USAのラウンド5・6が開催されました。

コース上に定められたラインを通ることができるか、車体のドリフト角をどれくらい大きく維持できるか、壁や他の車両との接近距離などでいかに魅せるかが競われます。

 

GTラジアルのCHAMPIRO SX2 RSを使用する田口和也選手がラウンド5でベスト16、ラウンド6で見事ベスト8に進出しました。これで田口選手は256ポイントでランキング8位になりました!

次回は今月半ばにカリフォルニア州で開催されます。ますます目が離せません。

 

それでは、また。Sampai jumpa lagi!