ビルシュタイン日記。足回りに興味がある人へのマニアックブログ

  2016-07  
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016-07-27 (Wed) 14:46:19


現在好評販売中の2WDモデル用B14を4WDモデルに装着してマッチングテストを

実施しました。

テストは4WDセダンです。



ロワシート位置をネジで2WDモデルより少し上方に移動して、40mmダウンとなり、

乗り心地もばっちりでした。

したがって、B14は2WD・4WD共用となります。



写真はCX-5用B14ですが、アテンザ用B14もこのようなサス形状となります。

2013年5月までの前期モデル用   BSS6092J   定価¥198,000 (税別)

2013年5月以降の後期モデル用   BSS6088J   定価¥198,000 (税別)

ワゴンモデルともに適用です。

この機会に是非ビルシュタインをお試しください。








2016-07-21 (Thu) 15:29:40


4WDのプリウス E-Fourに先日開発が終了した2WDモデル用B14 ネジ式

車高調整サスペンションキットを装着して走行テストを実施しました。



まず車高ですが、2WDモデルと4WDモデルの重量差分だけ差が出ました。

E-Fourモデルは前後ともノーマルより35mmダウンとなりました。

 

推奨35mmダウンでタイヤとフェンダーの隙間はこんな感じです。



乗り心地ですが、2WDモデルより少し重い分、乗り心地にも

影響しており、2WDよりしっとり感が増した感じです。



BSS6095J  定価¥180,000(税別)

8月発売予定

Toyota Safety Sense P付の車両は適用から除きます。

間もなく発売ですのでご期待下さい。

現在キャンペーン実施中です。










2016-07-15 (Fri) 09:28:03


ホンダ S660用B14 ネジ式車高調整サスペンションキットの開発テストが始まりました。



リヤミッドシップにエンジンが搭載される軽量オープンボディのS660.。

サスペンションは前後ともストラット式なので、ビルシュタインでは

ストラット式に最良のパフォーマンスを発揮する倒立式になります。

開発テストのハイライトはこのS660がオープンカーであって

ミッドシップカーであること。

ミッドシップでしか味わえないターンイン時のノーズのシャープな

動き、微操舵でコントロールするコーナリングの楽しさや

トラクションの掛かり具合など、ミッドシップカーとしての

ドライビングプレジャーを最大限に引き出せるセッティングを

目指します。

是非ご期待下さい。






2016-06-29 (Wed) 17:20:25


最近はNDロードスターの雑誌取材がとても多いです。

とにかくロードスター人気で、自動車雑誌各社ロードスター本を制作しています。

梅雨の季節、はっきり言って取材当日に雨が降らないかいつも心配になってしまいます。

そんな中、先日取材して頂いたカートップ誌の『ロードスターまるわかりBOOK』が

発売になり、雑誌が届きましたのでご紹介しまーす。



この機会に是非ビルシュタインをお試しください。







2016-06-22 (Wed) 15:30:57


NDロードスター用B12 ノーマル形状ローダウンサスペンションキットの開発テストが完了しました。



オートマティックトランスミッション車とマニュアルトランスミッション車の両方でテストしました。

画像のホワイトボディがマニュアル、レッドボディがオートマモデルです。



ローダウン値の目標は30mmダウン。

実際にはフロント30mm、リヤ25mmダウンで落ち着きました。



もちろん、マニュアルモデルのほうが車重が軽いのでダウン量も

オートマとマニュアルで異なるのですが、ビルシュタインはスプリングシートの

高さをCリングで調整出来るので、どちらのモデルにも適合するようにしました。



製品品番 BTS5112J
定価 ¥140,000 (税別)

入念な走行テストを繰り返し、コンフォートな乗り心地と軽快なハンドリングを

実現しました。

発売は8月~9月を予定しています。

この機会に是非ビルシュタインをお試しください。








 | TOPページ | OLD ≫